上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EOS-1DMarkII

11年前、息子の幼稚園の運動会、Canonを選んだ時からの憧れのEOS-1系です。2世代前(いや、1.5世代前かなぁ)のですが・・。
総ショット数1000以下で傷のない中古との事だったので、ネットの個人売買(オークション外)で購入しました。今となっては2世代前(いや1.5世代前)のモデルですが、やはりフラッグシップ機の風格を感じます。2週間前に出してしまった40Dの「ポコッ」というシャッター音がどうも馴染めなかったので、この1Dmk2のシャッター音がひときわ心地よく聞こえます。本当はmk3が希望するところだったのですが、少し「¥」に余力を残しておかないとなぁと思い、mk2で鍛えてからステップアップする事にしました。まだ試し撮り段階ですが、サッカーの撮影で強力なウェポンになってくれると思います。40DのAFも優秀でしたが、いまだに負けてはいないと思います。中級機のDIGIC3 vs プロ機のDIGIC2。私はこっちにしました。一概に比べられないですけどね。防塵防滴、デュアルスロット、45点AF、8.5コマ/秒、100%ファインダー、豊富なC.Fn、これだけでも相当なアドバンテージがあると思うのです。
話の落ちとして・・、ExifReaderで総ショット数を確認したら、12,000ショット超えてました。
ここらへんがネット個人売買の難しいところでしょうか?
ここの所、寝不足です。
スポンサーサイト
EF300/F4LUSM

以前にお嫁に出してしまったEF300F4Lを、また呼んでしまいました。
新品はない(IS無し)ので、もちろん中古です。
いろいろ試行錯誤の連続であります。何をやっているのか、
自分でも方向が定まらなかったりします・・・。
しかし、やっぱ良いですね~L単。328はもっと良いんだろうなぁ。
... 続きを読む
2008.01.21 CF
CF

CF=コンパクトフラッシュ。デジタルカメラがあっても、これがないと写真が記録できません。
ご存じのない方には、銀塩カメラのフィルムと同じですと説明をしています。
CFもどこまで安くなるのでしょうかね?最近、昔のカメラ雑誌を整理していたら、
2004年2月号の雑誌の中の広告に、40xの2GBのCFの値段が¥78,000で載っていました。
今の値段の約10倍以上です。デジタル製品は本当に何もかもスピードが早い(速い)。
某掲示板でもよく書き込みされていますが、偽物もあるようです。
最近は正規品でもmade in chinaが多いですね。
2008.01.10 EF50/F1.8Ⅱ
EF50/F1.8Ⅱ

ネットオークションで手に入れました、レンズEF50/F1.8Ⅱ。
10年くらい前に、お仕事でいろいろな事がありまして、経済的に厳しくなってしまい、
レンズやカメラ、みんなお嫁に出してしまった時期がありましたが、
今になって、また同じレンズを呼び戻す作業にかかっています。
このレンズもその中の一つでした。
新品でも諭吉1枚でおつりが来ます。値段の割に良く写るので人気のようです。
ネットオークションもよく考えないと、リスクを伴いますね。
今回購入したものは1年半前製造のレンズ¥7250+送料¥800=¥8050。
落札した途端に思い出してアマゾンで調べたら新品、送料無料で¥8750なり。
新品が+700円で買えました。
私自身、ネットオークションは200件以上取引がありますが、最近考え無しに入札して
しまいがちなので、気を引き締めないといけませんな。

EOS KissDN
EF18-55/3.5-5.6USM
... 続きを読む
2007.12.12 期待の新人
期待の新人

EOS10Dで初めてデジ一眼レフを導入してから、はや4年。
20D、30Dの導入を見送りながら、購入資金を貯めたかいあり、
何とか期待の新人EOS40Dを入社させる事ができました。
これからバリバリ働いてもらう予定です。
途中でカミさん用にEOSKissDNを入社させましたので、
只今社員3人になりました。

Canon IXYDigital 500
1/60 F4.5
2007.11.08 Digital
Digital

もうかれこれ私の写真歴も13年が過ぎましたが、
銀塩カメラ(フィルムカメラ)からデジタルカメラに完全移行
したのが、7年位前でしょうか?
初めは息子のサッカーをコンパクトデジカメで撮っていましたが、
ピントが追いつかない、連写に弱い、画質が良くないという理由から
デジタル一眼レフに移行して4年が過ぎました。
銀塩一眼レフ(フィルム一眼レフ)で撮っていた頃は、撮った写真を
モニターで等倍で見ることなどできませんでしたが、デジタルで撮ると
パソコンのモニターで等倍で見ることができるので、良いレンズ、普通のレンズ
良くないレンズがハッキリ画像で確認できるようになりました。
フィルムで撮っていた頃は、白レンズを見栄で使ったりしていましたが
普及レンズとの違いが、正直なところあまりわからなかったです。
しかし、デジタルで撮った写真をモニターで見ると一目瞭然、何故高額なのかが
ハッキリわかります。良いレンズを使うと後戻りできませんね。
私の所有しているレンズは、それほど高価なものではありませんが、
それで飯を食べている方たちが使う長玉の単焦点の画像などを見ると
周りの空気感さえ映し出すその解像力とシャープさには、ただただ
驚きです。そんなレンズやカメラは私には一生買えないと思いますが、
「素敵な写真」をこれからも撮って行きたい・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。