上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トレセンマッチ
EOS7D
EF70-200F2.8LISUSM+1.4EX
1/2000秒 F5.0
ISO200
280mm
スポンサーサイト
感動をありがとう

日本代表の選手達、岡田監督、お疲れさまでした。4年に一度ですが、今回もワクワクドキドキ
させていただきました。サッカーをかじった人間にとってワールドカップは「夢」であります。
反論もあろうかとは思いますが、WBC等とはとても比べることができない規模、歴史、スケールの大きさ
があります。そのワールドカップでベスト16。30年前では考えられない程の飛躍ですよ。

感動をありがとう。また4年後までこの感動を糧に私もがんばろうと思います。
2009.09.15 高円宮杯
高円宮杯予選リーグ初戦
中学3年にとっては最後の大きな大会、高円宮杯の予選リーグが始まりました。
クラブユース選手権で涙を呑んだ悔しさを、ここで出し切れるでしょうか?
予選リーグ初戦は、歌手の さだまさしさんの弟さんが代表をしているチーム
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/081231/trd0812311901005-n1.htm
との対戦となりましたが、3-0で勝利し、とりあえず好発進できました。
3年生にとっては高校受験もひかえているので、心身ともに大変ですが、
是非勉強にサッカーにがんばってもらいたいもんです。

Canon EOS-1Dmark2
EF100-400LISUSM
1/1250 F6.3 ISO320

2009.04.25 ホイッスル
ホイッスル
先日サッカーの審判をした時、会場でお気に入りのホイッスルFOX40miniを無くしてしまい、
本日新しいホイッスルをネットにて調達しました。写真緑色のFOX40 CLASSICです。
プロでもないのに私、ホイッスルの音色と形にこだわりがありまして、今使っている
ホイッスルの中では、このFOX40 CLASSICが一番好み。ホイッスルって店頭やネットで
見て形はわかっても、実際に吹けない(音を出せない)のでなかなか音色のチェックまで
できないもんです。音が聞けるサイト(モルテン http://www.molten.co.jp/sports/index.html)
なんかもあるんですが、吹いた感じが(どのくらいの強さで吹けばどんな音が出るか)
わからないので、結局買って試してみるしかないんですね。写真のホイッスル達は、今まで
買ったものの一部なんですが、それぞれ特徴があります。私が持っている色のついた物は、
中にコルク玉が入っていません。なので、雨の日などに水が入ってもコルクが湿って音が
変化したり、中でくっついて音が出なくなる事はありません。コルクレスでもそれぞれ微妙に
音が違いますし、吹く空気の量が少ないと(思いきり吹かないと)いい音が出ないものもあります。
中でもFOX40系(カナダ製)が一番バランスがとれているようです(私には)
右側のオーソドックスなメッキの物はコルク入りです。このホイッスルは弱く吹いても
音が出ないと言うことはありませんが、ピロピロピロ~と体育の授業の時に先生が
吹く笛のような音になります。うんちくを語るより
ジャッジの腕を磨くのが先だと言われそうですが・・・。

Canon Power Shot G10
1/13 F2.8 ISO80
2008.10.19 ボールキープ
ボールキープ
現在J2入りを目指している栃木SCのジュニアユースと試合をしました。
相手のディフェンダーからボールを奪われないようにボールキープしているファイターのFW君です。
相手から遠い方の足でボールをさばいていますね。奪われないためのこれ基本です(たまたまかな?)
1-1
3-3
2試合とも引き分けでした。

チョット背景のボケが足りず、うるさくなってしまいました。チョイ絞っていますが、開放にしても
320mm域だとそれほど変わらないかもしれませんね。こんな時サンニッパやヨンニッパが欲しく
なっちゃいますね。買えませんけど・・・。

EOS-1Dmk2
EF100-400/F4.5-5.6LISUSM
1/2000 F6.3
ISO250
320mm域

2008.03.22 新練習用ユニ
新練習用ユニ

6年生、今日は地元の中学生と交流試合をしていただきました。
もう着られないクラブの新しい練習用ユニを着させていただいてね。

クラブチームに入らない子は、中学校のサッカー部でお世話になるので、
先輩達に揉んでいただきました。中学生のフィジカルの強さが身に染みた事でしょう。
以外と大差はつきませんでしたが・・。(微妙)

1DMark2での、初めての晴れの日テストとなりました。前回は雨の中エクステンダーを付けての
テスト撮影でしたので、チョットだけ「?」な画像も多々ありましたが、今回はEF300F4LUSM
1本で臨みました。いやはや参りました。中央1点、AIサーボで、高速連写、領域拡大7点・被写体追従敏感度「標準」で撮りましたが、
ピントが甘かったのは1割ありませんでした。最初のコマを外さない限り全部ピントが合ってました。チョット後ピンなので若干絞り気味で
撮りましたが、恐るべし1Dです。液晶モニターが小さいのと陽が当たっていると見づらいで、残念ながら現場では良く撮れているか
確認しませんでしたが、帰ってPCで見て満足でした。

EOS-1D Mark2
EF300F4LUSM
1/2000 F6.3
ISO400
2008.03.20 新エース
新エース

私がコーチをしている小学生チームの6年生も、卒業式が終わったようで、
卒団式も終わり、今日が最後の試合となりました。
6年生に替わって、今の5年生が4月からチームを引っぱります。
毎年思う事ですが、6年になったばかりの選手達は、「君たち大丈夫?」
と思うくらい、弱々しく見えますが、これが一年経つ頃には、みんな立派な選手に
なっているから不思議なもんです。最上級生の自覚がそうさせるんでしょうね。
今日は雨の中の最終戦となりました。

今日はとても暗かったのですが、AFがとても速く、全然迷わなかったので、
非常に楽でした。恐るべし1D。10Dとの格の違いを見せつけられました。

EOS-1D Mark2
EF300F4LUSM
1/1000
F5.6
ISO 800
2008.02.17 充電中


ここの所、試合がないので充電中です(カメラのバッテリーも充電中)
メインのボディとレンズを換えようと、現在ミッション進行中。
EOS40D
EF100-400LISUSM
1/2000 F7.1
2008.01.22 写真は楽し
DF2

一眼レフで、幼稚園年中だった息子のサッカーの試合の写真を撮りだしてからもう何年経つでしょうか。今も中学1年生になった息子を撮り続けています。幼稚園の頃は、銀塩(フィルム)一眼レフだった事もあり、被写体が息子だけでしたが、デジタルに移行してからは、フィルム代がかからない分、チーム全員の子供達の勇姿を撮るようになりました。親御さん達も、家庭の事情で応援に来られないお父さんやお母さん、また来られるけれど、良い写真が撮れないという方たちの為に、撮ってあげるのが私の使命なのかな。と勝手に思いつつ、レフェリーの合間に今も楽しみながら撮り続けています。今ではネットのアルバムにアップして閲覧していただいたり、ネットで無料でプリントして自宅まで届くものまである(プリントに広告が入りますが)のでプリントして、親御さん達に配ったりします。お礼など言われようものなら、撮ったかいがあったと、私も嬉しかったり。それぞれのご家族の思い出の1枚になる事が私の生き甲斐だったりします。
私と同じように、子供達を撮っている方たちには、ご記憶があろうかと思いますが、出場機会が少ない子も、平等にまんべんなく撮りたいのですが、なかなか思うようにいかず、申し訳なく思ってしまう事が、ままあります。タッチライン際で撮っていて、逆サイドの子が遠いので、後半にたくさん撮ってあげようと思っていると、後半は交替になってしまったり、フィールドの子を撮っていて、キーパーの子は後半で撮ろうと思っていたら、後半はサブキーパーに替わってしまったり。なので、1枚も撮れていない子が出てくると、集中的に撮ったりしています。一通りみんな撮れたかどうか確認しながら、「まだあの子が撮れていないな」とわかると、タイムアップの時間との戦いです。そう言うときに限って、その子の所にボールが来なかったり・・。また、ボールをためる子やドリブルの得意な子は、シャッターチャンスが多いのですが、ワンタッチでボールを離す子は、なかなかボールがファインダーに収まらない(ボールと一緒の写真が撮れない)等々、一筋縄ではいきません。まあこれも経験ですね。自分もサッカー選手でしたから、展開が読めると思いがちですが、これがどうして、なかなか難しいものです。こんな事をいつも思いながら撮るのが、私の最大の楽しみであります。その日、納得のいく素晴らしい画が撮れると、被写体が自分の息子ではなくても、その日はとてもハッピーな気分になります。

自分の息子はというと、オスグット病(成長が盛んな小児期にスポーツ活動などによって膝蓋靭帯の付着部である脛骨粗面に痛みや腫れをもたらす疾患。10歳~15歳の男子に多く、サッカーやバレーボール、バスケットボール、陸上競技、野球などの選手によく認められます。90%程度は軸足に発生します。)で、去年の夏から試合に出ていません。まあ、完治するまで親も子供も我慢と思っているのですが、試合感がかなり薄れているのは事実ですね。
今年の春頃までには治って欲しいものです。

EOS10D
EF70-200F4LUSM
1/800 F4.5 ISO200
2008.01.20 CK
コーナーキック

ヴェルディ小山との試合ですか?・・・・惜敗しました。
前半の途中までは、互角以上の戦いだったようですが、
少しのミスから1点先制され、リズムが狂ってしまったようです。
また次に期待しましょうか。

これは、手放してしまった、EF300F4LUSMで撮った画像です。
やはり、単焦点の「L」は良いですね。
これ開放なんですが、ほんと、開放からOK牧場です。只今良品物色中。

EOS10D
EF300F4LUSM
1/2500 F4.0
ISO200
2008.01.19 DF
JFAプレミアカップ

現在JFAプレミアカップ栃木県予選期間中で、当クラブ、健闘しているものの
明日は(正確には今日)勝ち上がりを懸け、ヴェルディ小山との対戦となりました。
どうなる事やら・・・。
1/1600 F7.1 ISO400
EOS40D
EF100-400/F4-5.6LISUSM
最後のロッカールーム

少年サッカーの毎月恒例の定期試合が、雨で早く終了したので
家に帰って何気なくテレビをつけてボーっとしていた。箱根駅伝のハイライト
みたいな番組をやっていたのだが、我が母校は来年のシード権をなんとか確保できたようだ。

そのあとの「北乃きいのサッカー魂 最後のロッカールームSP」という番組を眺めていると、
どうやら全国高校サッカー選手権大会で、惜しくも負けてしまった数チームの、試合直後の
ロッカールームの様子を撮ったものだった。この戦いに敗れるということは、3年生にとって
高校生活を懸けた部活動がここで終わる、という事になる。負けたチームのロッカールームには
共につらい練習に耐えて、ここまで上がってきた選手や監督のすべての想いが詰まっていた。
一緒に戦ってきた監督の最後の言葉、選手の涙。そして監督の涙。
7~8チームの様子を紹介しただろうか、1チーム目から、不覚にも私も涙が溢れて止まらなく
なってしまった。どっぷりと感情移入しまくっていた。彼らが羨ましかったのか、過去の自分を
思いだしたのか自分でもわからないが、涙がしばらく止まらなかった。歳をとると涙腺が弱くな
って困る。でも、チョットだけスッキリした。
2007.10.07 高円宮杯
高円宮杯

高円宮杯全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会
栃木県大会決勝を観てきました。
SAKURA FC 4-1 F.C.CERTO でした。
3位FC佐野、4位ヴェルディ小山。
うちの息子が入っているクラブの3年生は
一歩手前で敗退してしまいました(>_<)ゞ
SAKURA FCには負けた事無かったのにねぇ。

EOS10D
EF300F4LUSM
TELEPLUS C-AF1.5xDG
1/1000 F5.6
2006.01.14 県大会


地区で勝ち抜き、県大会に出場するも、2試合目で敗退。
押し気味の試合ながら0:1で負けました。
決められた1点は、私が見た限りオフサイド・・。
しかし副審はフラッグを上げませんでした。
私も審判員ですが、抗議はしません。人間だもの誰にでも
見落としはある。それより、入れ返せなかった我がチーム
の力が足りなかったのでしょう。でも悔しい。
2005.10.16 選手権大会
選手権大会

サッカーの話題が続いてしまい恐縮ですが、
県少年サッカーの選手権大会に出場してきました。初戦でいきなり先日の全日本少年サッカー大会決勝でF・マリノスJrに敗れ全国2位になったJFCファイターズとの試合になりました。格は一段上でしたが「歯が立たない」ってほどではなかったので、0-4で負けはしましたが、少し希望が持てました。
EOS10D & TAMRON SPAF28-75XRDi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。